就労移行支援を徹底解説!

プロフィール

けやき

けやき

就労移行支援でお世話になった感謝を込めて。 就職に苦労されている人の一助になればと思っています。


ウォーターサーバーでたくさんの会社から販売されているのでどれが良いか迷いがちですよね。そこで今回はウォーターサーバーを選ぶ際にどのポイントが重視されているかを解説したいと思います。自分が求めるサーバーに出会うためにも一読してもらえると嬉しいです。

料金で選ぶ

ウォーターサーバーで一番気になるのは料金体系ではないでしょうか。最近は、サーバーレンタル料金が無料のケースがほとんどですが、毎月のランニングコストで最低お水代と電気代がかかってきます。

電気代はエコサーバーの普及により月額1000円以下の電気代で済むようになり、差別化が難しくなりました。

その結果、一番お金を左右するのがお水代金となります。一般的に天然水がRO水よりも高く、費用面を気にする人はRO水を選ぶ傾向にあります。

水で選ぶ

ウォーターサーバーの醍醐味は何といっても自宅で美味しいお水が気軽に楽しめることです。しかも水ボトルは自宅前まで届けてくれるので、お水をスーパーやコンビニまで買いに行く必要がなく、しかも重たい思いをして運ぶこともありません。

そんなウォーターサーバーは、先にも少し触れましたが、天然水とRO水の2種類に大きく分かれます。天然水は、全国各地にある水がきれいで美味しいと評判の採水地から摂られたお水です。いっぽう、RO水は一般的に水道水などを高性能ろ過装置によって不純物を徹底的に除去した純水にミネラル分をバランス良く配合させたお水です。

天然水は自然本来のミネラル分が楽しめて味わい豊かで、味や含有成分を重視する人によく選ばれています。

いっぽう、RO水は天然水よりも入手が容易な分料金も割安で価格を重視したい人や、軟水でミルクにも最適な水質であるため赤ちゃんのいる家庭にも支持されています。

デザインで選ぶ

ウォーターサーバーのサーバーは、会社によってデザインは全然異なってきます。機能やコストが重視されたサーバーから、室内のインテリアにも馴染むデザイン性優れたサーバーまで様々です。

したがって、部屋の見た目がウォーターサーバーを設置することによって損なわれたくないという人にとってはデザインも非常に重要なポイントとなってきます。

実際、サーバーのデザイン性をアピールしているブランドもあるので、一度確認してみると「カッコいい!」「オシャレ!」と思えるサーバーがあることに気づくはずです。

もちろん、デザイン性を重視しつつもエコや利便性も満足のいく仕様になっているので、長期間愛用できるようにできています。

おすすめの選び方は人それぞれ!

以上読んで頂いても分かるようにウォーターサーバーは、何を優先するかでおすすめのブランドが異なってきます。自分はウォーターサーバーに何を求めるのか、コストなのか水質なのか、あるいはデザインなのか。これをまず整理することから始めると、公開することなく最適なブランドに出会えるはずです。

あとは、重視するポイントの中からおすすめのウォーターサーバーを把握して、納得したものを選ぶと良いでしょう。

下記のリンクから飛べるログインドットコムでは、用途別におすすめのウォーターサーバーを上手くまとめてくれています。サーバー選びとしては非常に参考になる記事なので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

自分に合ったウォーターサーバーが見つかる用途別おすすめ比較ランキング